プラチナ

世界的には金が好まれているのですが日本人の最も好きな宝飾品の素材と言えばプラチナが圧倒的に多いのです。

結婚指輪の素材

プラチナ

結婚指輪の素材としてなじみの深いプラチナですが、世界的には普通は金が好まれています。

精製や加工が比較的簡単でなにより昔から資産価値としての認識が統一されていたことが人々の安心感となり金色に輝くこの金属は太古の昔より指輪を始め宝飾品としての輝きを放ち続けてきました。

しかし近年ダイヤモンドが婚約指輪として人々に多く受け入れられたことをきっかけに、透明無垢な宝石を最も引き立たせる台座として白く輝くプラチナが注目を集めるようになりました。

しかしプラチナは加工技術が難しく工業ベースでの扱いに限られていた初期の頃はあまり宝飾品としての価値を発揮することは出来なかったのですが、工業国日本の精錬加工技術の進歩により、ダイヤモンドを引き立てる台座から徐々にプラチナ自身の価値を認められるに至ってからは日本は世界的なプラチナ消費国になって現在にいたっています。

金等と同じく酸に強く錆びない性質があり熱にも強く変色も比較的少ないですし産出量は金や銀等に比べかなり少なく、プラチナチケットなどの言葉に表されるように希少性では群を抜く金属素材です。

美しさ、神秘性、希少性、耐久性などどれをとっても永遠の誓いや純真な心を表す指輪の素材としては最もふさわしいものの一つと言えるでしょう。

参考サイト<http://www.kohyaoresorts.net/


Copyright (C) www.accroconcours.com. All Rights Reserved.

結婚指輪の素材